1億人のイングリッシュスキル 

現役慶大生・上智大生が大学受験の経験をもとに、すべての英語学習者に向けて、英語の勉強法やオススメ参考書、英語コラムをご紹介。大学受験、TOEICをはじめ、英語に悩む全ての人に、英語スキルのアップのコツをお届けするブログです。

現役慶應生からの処方箋。早慶上智に受かる英語勉強法。

      2017/03/24

Pocket

Waseda_University_-_Okuma_Statue_and_Okuma_Auditorium

 

早稲田と慶應。私立大学の頂点に長年君臨する両大学は、私立大学を志望する受験生にとっては憧れですよね!そして洗練されたオシャレイメージの上智大学も、難関私立大学として不動の人気を誇っています。しかし、これらの大学に合格するためには高度な英語力が必要です。さらに言えば、基本的に英語の配点が高いので、英語ができなければ、確実に落ちます(涙)特に慶應と上智は英語の出来で合否が決まってしまいます。今回はこれらの大学に合格するためのオススメ参考書と勉強法をご紹介します。

 

戦略

英語の成績をスムーズに伸ばしていくのは本当に難しいことです。英語という科目は、積み重ねの科目でもあり、なかなかすぐにはできるようになりません。英語の成績に伸び悩んでこの記事を見ている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、大学受験英語の成績を伸ばすコツ・正しいやり方は確実にあります。そして、これを知らないで勉強を進めるのと、知った上でそのコツを意識しながら勉強を進めるのとでは、進学する大学の名前が変わってくるでしょう。英語という科目は頭の良さはあまり関係ない科目です。英語なんて言葉なんだ!こんなものはやれば誰だって出来るようになる!という東進ハイスクールの安河内先生の有名な言葉がありますが、まさにその通りだと思います。英語という科目は上手くやれば、本当に誰でもできるようになります。ですから皆さんにはこの記事でお伝えする英語学習のコツを知ってもらって、それに添って勉強をすすめて欲しいと思います。

 

私が考える、英語の成績を上げるコツとは、次の5つのジャンルの勉強をバランスよくしていくことです。

 

①英単語 ②英熟語 ③英文法

④英文解釈(精読) ⑤長文

 

この5つのジャンルをバランスよく勉強していけば、英語の成績は必ずスムーズに伸びていきます。現在英語の成績がイマイチ…。という人はこのうちのどれかが欠けていたり、どれかに偏って勉強している可能性があります。英語の成績が良い人は、この5つのジャンルをバランスよく勉強しています。バランスの悪い勉強をして、「勉強している割に、成績が伸びない(涙)」なんてことにならないようにしたいですね。次の章で詳しい解説と早慶上智に合格するための学習プランをご紹介します。

 

スポンサー

 

早慶上智合格プラン

 

4-6月 7・8月 9-11月 12・1月

シス単 (秋までに覚えきる)

解体英熟語 (秋までに覚えきる)

Next Stage

基礎英文解釈100

ポレポレ

ハイパーセンター

ハイパー難関

過去問演習&やっておき長文

 

前の章でお話した5つのジャンルのそれぞれに、早慶レベルの参考書を重ね合わせた上の表が早慶上智に受かるための効率的な学習プランです。高3から本格的な受験勉強をはじめて、早慶上智に受かるための参考書と取り組むべき時期を表にしました。実際、早慶に合格する生徒の多くの勉強プランはこれに近いものだと思います。

 

以下、参考書のくわしい解説です(。・ω・。)

 

 

①英単語:システム英単語

英語の成績を上げ、難関大学を突破するために、英単語学習は欠かせないのは言うまでもないですね。語彙力が不足していれば、長文を読む際にも支障をきたしますし、解けるはずの文法問題も、単語の意味を取り間違えて不正解(涙)となってしまいます。もっとひどい時には、設問が英語で、その意味が理解できない。なんてことにもなりかねません。単語力はすべての英語力の土台となります。手を抜かずにしっかり取り組みましょう。

 

 

早慶上智の学習プランでおすすめしている参考書はシステム英単語です。受験生の間では「シス単」でお馴染みのシステム英単語。確かなデータに裏付けされて作られたシス単の完成度は、数ある単語帳の中でも頭一つ抜けています。

 

特に4章は秀逸で、早慶上智の入試ではよく出る難単語が、頻出度順に効率的に並べられており、これらの大学を受験するときには強力な味方となってくれます。ちなみに私自身も受験生の頃にこの単語帳を使っており、シス単の4章を覚え切った後から、上智大学の問題がスイスイ解けるようになった覚えがあります。単語と熟語は年間通じて常に勉強しましょう。覚えたと思っても忘れるのが英単語です。オススメは、毎日の勉強に入る前のウォーミングアップとして、単語帳に取り組むことです。


 

シス単以外では、「単語王」がおすすめです。単語王の長所はその圧倒的ボリュームです。この単語帳に載ってないのが出たら、ほかの受験生もみんな知らないハズ。と思えるほどです。近年、早慶受験生を中心に人気が広がっている単語帳で、余力のある受験生はこの単語帳を使用しても良いでしょう。

 

②英熟語:解体英熟語

英熟語の重要性に気づいて、すでにモリモリ覚え始めている受験生は一安心です。しかし、英熟語の勉強を怠っている人は要注意です。単語に比べて、忘れられがち、後回しにされがちな英熟語ですが、大学受験においてはとっても重要です。熟語力が不足すれば、単語力不足と同様に、長文や文法問題で大きな支障をきたします。しかし、それだけではありません!なんと、英熟語はそれ自体が設問になるケースがあります!英熟語の知識を直接聞いてくるわけです。つまり、熟語を知っているだけで点になり、知らないだけで失点してしまうのです。熟語の知識は英語の得点にダイレクトに影響します!その点では、英単語より重要とさえ言えるかもしれませんね。

 

Z会から出されているこの解体英熟語ですが、これも早慶受験生では定番ですね。まさに早慶受験生のための熟語帳といった感じで、ボリューム満点です。この熟語帳を覚えたら、受験英語では覚える熟語はもうないといっても過言ではないでしょう。ただしかなり量が多いので、早慶の看板学部を受ける人以外は、文法問題集についている熟語パートをキチンと覚えれば十分戦えます。単語同様、熟語も年間通じて常に勉強しましょう。語彙力にほころびがあると、早慶上智への合格が遠ざかります。

 

③英文法:Next Stage

文法は英語を使っていく上で欠かせない「大切なルール」です。長文を読む上でも文法の知識は必要です。また、センター試験第2問などをはじめとして、大学入試では文法の力が直接問われます。「関係代名詞はイマイチわからないけど、早稲田に受かった。」なんてことはありません。はい、絶対に(笑)しかし文法の範囲は途方もなく広いわけではありません。また1度理解して身につけてしまえば、そうそう忘れてしまうこともありません。「confuse」の意味をうっかり忘れることはあっても、「そういえば、不定詞ってなんだっけ?」とはならないのです。その意味で、受験勉強の初期段階から勉強し始め、ある一定の時期に、英文法は完成。とするのが理想です。

 

 

早慶上智の学習プランでおすすめしている参考書はNestStageです。「ネクステ」の愛称で有名で、大学受験の超定番の文法問題集ですね。さすがはベストセラーで、早慶受験においてもネクステ一冊で十分足ります。早慶の看板学部を目指す人以外は、ネクステについている熟語パートをしっかり覚えれば、英熟語の学習も完成しちゃいます。ネクステは夏が終わるころまでに完成させてしまいましょう。夏までに基本的な文法事項を抑えて、秋以降は配点の高い長文読解に集中する狙いです。

 

 

ネクステ以外では、「英文法・語法問題1000」がおすすめです。これは早慶の中でも、文法問題がかなり出る学部を受ける方向けです。かなりボリュームがあるので、長文読解にまだ不安があるようなら、文法問題集はネクステにして、長文読解の勉強を優先しましょう。

 

④英文解釈(精読):基礎英文解釈の技術100 &ポレポレ英文読解

「単語と文法はちゃんと勉強したはずなのに、長文が全然できるようにならない…。」というお悩みを抱えているなら、この英文解釈のスキルが不足している可能性が高いです。文章中にthatが出てきた時に、関係代名詞なのか、強調構文なのか。そういったことを正しく見極めるスキルを身につけるのが英文解釈です。③の文法の学習が進んでいても、④の解釈力にその知識が活かせていなければ、長文は読めるようにはなりません。関係代名詞や強調構文といった文法をきちんと理解していることと、文章中でそれらを正確に見抜いて解釈していく力は実は別物なんです。このスキルが身に付けば、「時間はかかっても長文は読める。」という状態ですから、後はどんどんスピードを上げて速読へと移行します。

 

 

基礎英文解釈の技術100は基本的な読み方をマスターするのに最適な参考書です。これを終えれば、辞書さえあれば、センターやMARCHレベルの文章で読めないものはほぼなくなります。しかし逆に言えば、早慶では、東大よりも難易度の高い長文が出題されますから、この基礎英文解釈の技術100レベルは完璧に仕上げなくてはなりません。

 

基礎英文解釈の技術100が終わったら、それに加えてポレポレにも取り組んでください。このポレポレは難易度がかなり高いので、3周ほどまわせば、早慶で読めない文はほぼなくなるレベルに到達します。早慶の長文の文構造はかなり高度なので、英文解釈は夏休み明け以降もみっちりトレーニングします。

 

⑤長文:ハイパートレーニング・センターレベル編、難関大編

英語の中でも、最も配点が高いのが長文読解です。長文ができなければ、英語で十分に得点することができませんし、英語ができなければ志望校への合格も遠ざかってしまいます。単語・熟語・文法・英文解釈のどれかが欠けていれば、長文はチキンと読めませんし、全て揃っていても長文の独立したトレーニングを怠れば、十分な得点が得られません。最も大事な科目の、最も配点が高い分野なので、ある程度の基礎力がついたら長文のトレーニングは毎日欠かさずするのが理想です。

長文問題集でオススメなのは、ハイパートレーニングです。レベル別で3冊出ていますが、難関編はかなり難しいので、センターレベル編から始めるのが無難でしょう。この参考書はもちろん問題集として、フツーに長文の問題にも取り組めます。しかし、これのスゴイところは長文の全てに構文の解説が付いており、問題を解き終わったあとに、長文の隅々まで復習できるところです。また、復習用のCDまでついており、その後は読み込み用の音読教材としても使えるのです!ここまで至れり尽くせりで、欲しいモノが全部詰まった長文問題集はなかなかありません。

 

「夏休みが終わるまでに長文問題集2冊は少ないのでは?」と心配になった方もいるかもしれません。しかし合計2冊で24本の長文を隅々まで復習し、何度も通読するトレーニングを行うとなるとかなりの負荷がかかります。仮に長文1本あたり500wordsくらいだとすれば24本で1万2000wordsになるわけですが、これだけの量の長文をしっかり自分の英語力として定着させるのはかなり大変なことで、むしろ夏休みが終わるまでにやりきれたら大したものです。

 

しかし、それでも不安だという方は「このイチから鍛える英語長文700」を追加で取り組んでみてください。こちらも構文の解説が詳しいCD付きの問題集です。

 

 

夏休みまでは「解いて丸つけて終わり!」といった雑な学習ではなく、限られた分量の長文にみっちり取り組み、英語力をつけることを当ブログではオススメしていますが、秋以降は確かな英語力以外にも、設問への対応力・回答力をつけるために過去問への取り組みを含めた、演習を積む必要があります。

 

したがって秋以降は過去問に取り組みます。例えば早稲田大学を志望するとして、早稲田の過去問を5年分を3学部分に取り組み、復習したら、それだけで秋・冬が終わります。

 

ですから、過去問以外の問題集に取り組む暇は本来ないはずですが、赤本の解説が詳しくなかったり、過去問を特別視しすぎたり緊張して、勉強にスムーズに取り組めない(←自分も少しこの傾向がありましたw)方は、この「やっておきたい長文700」で演習量をカバーしてください。

 

 

記述式の設問になっていますが、私立受験の方もこういった記述式の設問に正面から立ち向かうことで、自分の理解が不十分だったポイントをあぶりだすことができますから、嫌がらずに積極的に取り組みましょう。

 

いかがでしたでしょうか?5つのジャンルをバランスよく勉強することを意識しながら、オススメした参考書に取り組んでいけば、早慶上智に受かるだけの英語力がつくはずです。受験生の皆さんを応援しています(。・ω・。)

P.S. 当ブログのオススメアプリ

勉強への意識を高く持っている生徒にとっては、学校の授業は物足りないと思うかもしれません。実際、多くの人が学校の授業を不満に思うものです。

 

そこで、当ブログで度々おすすめしているのがスタディサプリ【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服
です。これはリクルートが提供する、一流の予備校講師の授業を月額¥980で動画配信しているサービスです。ちなみに有料会員登録をしても初月は無料だそうです。

 

私もかつてこちらのサービスを利用していましたが、都心の大手予備校並みのハイクオリティな授業です。この値段で一流予備校講師の授業を受けられるので、大手予備校のない地方の受験生などにとっては救世主のような存在だそうで、この【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服
には私もお世話になりました。

 

映像授業が見放題で、なんだか、月額¥980で予備校に通えているような感覚です。映像授業を中心に展開する大手予備校の、年間100万の授業料が馬鹿らしく思えてしまいます。

 

年間を通して「長文読解」や「数学Ⅱ・B」「日本史」などをじっくり受講するもよし、入試の直前対策に「東大現代文」や「早稲田英語」、「MARCH古文」といった講座をサプリメント感覚で利用するもGoodです。

 

こういったアプリと参考書をうまく使いこなしながら合格を勝ち取ってくださいヽ(´▽`)/

 

【関連記事】

【慶應文学部受験ガイド】英和辞書の使いどころから小論文対策、日本史論述対策まで

【上智大学英語対策】これで上智は合格!!

【英語勉強法】MARCHを狙え!この5冊の参考書で偏差値60に

【大学受験】日本史勉強法・偏差値20upの秘密

Pocket

 - 大学受験英語, 慶應