1億人のイングリッシュスキル 

現役慶大生・上智大生が大学受験の経験をもとに、すべての英語学習者に向けて、英語の勉強法やオススメ参考書、英語コラムをご紹介。大学受験、TOEICをはじめ、英語に悩む全ての人に、英語スキルのアップのコツをお届けするブログです。

もしかしたらあなたも… 成績の上がらない長文勉強法

      2016/08/21

Pocket

 

books-925891__180

TOEICのパート7は時間内に読み切れないほどのボリューム満点の文章を読まなければなりません。また、大学受験の中でも、最も配点が高いのが長文読解です。センター試験の点数でも4分の3は長文読解ですし、各大学入試でも、長文が最も配点が高いです。しかし、なかなかすぐには、英語がスラスラ読めるようになりません。勉強している割にリーディングができるようにならない(涙)という方もいらっしゃるかもしれませんね?そこで今回は、あなたもハマっているかもしれない成績の上がらない長文勉強法をご紹介します。

 

NGパターン1:問題を解いて、丸をつけて終了。

female-702961_960_720

 

問題集を解きまくって勉強している人は多いんじゃないでしょうか?いや、英語の長文に毎日触れること自体は本当に良い習慣です。また多読という勉強法は読解力向上にとっても役立ちます。ただ、自分のレベルに合った長文を読まなければ意味がないってことです。レベルに合った長文というのは、9割以上理解できる長文です。それよりレベルの高い問題を、解いて丸つけて終わり。という勉強法では長文読解のスキルは向上しません。お習字で、くせ字のまま練習し続けるようなものです。くせ字が定着しちゃいます…(涙)9割以上理解できない長文は解くだけではなく、みっちり復習する必要があります。9割以上理解できるレベルに到達したら、沢山読むトレーニングに移行するのがベストです。スポーツや音楽などで、正確なフォームや正確な弾き方が身についてから、数をこなす練習に移行するイメージでしょうか。

 

NGパターン2:書き込んだ長文で復習

ふぁdfimage1

 

長文の勉強をするときに、単語の意味や文法事項を書き込んだりするでしょう。しかし、復習するときにそのノートを見ながら復習しては、復習の効果が半減してしまします!というのも、その状態ではヒントを見ながら長文を読んでいることになるので、自力で長文を読むトレーニングをしていることにならないのです。単語の意味や文法事項の確認が済んだら、あらかじめコピーなどで取っておいた、まっさらな長文で読み直す学習法が効果的です。

 

NGパターン3:速読重視

runners-802904__180

 

はい、速読は大事です。ですが、ここで私が強調したいのは「精読なくして、速読なし!!」だということです。速読を、単に早く目を通すことだと勘違いしてはいませんか?たとえ早く目を通せても、正確に読めなければあまり意味がないですよね?速読とは「早く・正確に」読めることなんです。正確に読めない長文を速く読むトレーニングをしても、早く目を通せるようになるだけで、読めるようにはなりません(涙)正確に読めるようになったあとで、徐々にスピードを上げていく学習法がベストです。

 

いかがでしたか?このうちのどれかに当てはまった人は、勉強量の割に成績が伸びていない可能性があります。ぜひこの機会に長文の勉強方法を修正してみてください。

Pocket

 - TOEIC, 大学受験英語